小口径探査
〜探査目的〜 工事において、現況躯体に対してコア削孔する場合、事前に躯体内部の鉄筋や、PC鋼材等について探査
する必要があります。これらの配置位置が深く、鉄筋等と密接していて探査の確実性が低い場合通常の鉄
筋探査後に、所定の削孔箇所において、小口径による先行削孔を行います。

〜施工要領〜 PC鋼材が近接していない場合(下部工を含むPC鋼材近接部以外)
RCレーダによる鉄筋探査後、レーダ反応箇所に鉄筋があることの確認を小口径の先行削孔により行います。
あることの確認が困難な場合は、所定の削孔位置にて、鉄筋が無いことの確認を行います。
PC鋼材近接部の場合
RCレーダによる鉄筋探査を先行して行い、表面の鉄筋を避けた位置に本削孔の位置を決定する場合は、
表面鉄筋より内部の鋼材の正確な探査が不可能である為、小口径の削孔にて支障物の無いことの確認
を行います。

Copy Right (c) 2007 DAICHIKOUEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.